通信監視モニタ
稼動集計 (オプション )
通信履歴
ファイル管理
通信条件設定
編集

*** コマンド一覧表 ***NC機側からの呼び出し命令

ファイル出力・・・・・・・・・・・・・N19との組合せ,指定ファイル内の指定N番号より出力できます。
*サブプロ展開出力・・・・・・・・・プログラム内のM98P X X をサブプロ展開し、NC機へ送信します。
*グループ展開出力・・・・・・・・・プログラム内のM98Pを検索予約し、NC機メモリ内へグループ出力します。
ファイル予約-1 出力・・・・・・・複数使用することにより、複数のファイルを連続して出力します。 <G54〜G59>は省略できます。
                                       最終でないファイルの“M02”“M99”“M30”及び中間ファイルの%↓は出力しません。
*ファイル予約-2 出力・・・・・・・複数使用することにより、複数のファイルを連続して出力します。 中間ファイルの%↓は出力しません。
*N番号指定・・・・・・・・・・ ・・・本コマンド直後に(N10)コマンドを使用することにより、指定される ファイル中のN番号から特定出力します。
ファイル新規データ入力・・・・指定ファイルに周辺機からの入力データを格納する。
ファイル上書きデータ入力・・・指定ファイルにNC機からの入力データを格納する。
*ファイルに追加
・・・・・・・・・・・・格納ファイルの後に追加書き込みをします。
*ファイル自動判別入力・・・・・・N20又は、N21コマンドを自動判別し NCデータを格納する。
ファイル 一覧・・・・・・・・・・・・ファイル情報をNC機へ、出力する。(ワイルドカード可)
ファイル 削除・・・・・・・・・・・・指定ファイルを、削除する。
*ファイル名 変更・・・・・・・・・・ファイル名称を、変更する。
ディレクトリ指定・・・・・・・・・・使用ファイルのディレクトリを指定します。

2000/XP/Vista
カタログ
アラームメール転送機能